事業情報 -私たちの強み-

開発事例集CASEBOOK

REQUEST

多くの具材が入っている
ビンの既存品調味料を、
小袋にしてほしい!

多くの具材が入っているビンの既存品調味料を、小袋にしてほしい!

ある食品メーカーさんから、「餃子の具材(中身)を小袋に詰めて欲しい」
との開発依頼をいただきました。
期間限定商品でカップ麺に、餃子の具材が入った小袋調味料を付けたいとのご要望で、
弊社へのご依頼前に別の数社にもお願いされたそうですが、
なかなか思うようなものが出来なかったようです。

ある食品メーカーさんから、「餃子の具材(中身)を小袋に詰めて欲しい」との開発依頼をいただきました。期間限定商品でカップ麺に、餃子の具材が入った小袋調味料を付けたいとのご要望で、弊社へのご依頼前に別の数社にもお願いされたそうですが、なかなか思うようなものが出来なかったようです。

課題

味づくりのスピードと容器形態の違い

ご依頼いただいてから味を完成させるまで、通常私たちはお客様と何度もやり取りをします。しかしこの案件では時間が限られており、すばやくお客様のイメージに近い味を作ることが求められました。また、お客様から提示された味のサンプル品がビン製品で、具材感がしっかりあるものでした。ビンと小袋では、入れられる具の量や必要とされる液性が変わってきます。よって、まずはお客様のイメージに近い味を作ることが私たちの第一の課題ですが、もし仮に近い味を作ることができたとしても、これを小袋へ詰められるかどうかが第二の課題でした。

提案・解決

「具材の量」「液の性状」を調整し、具材感たっぷりに仕上げる

使用した具材としては、豚肉ミンチ、タマネギミンチ、そして味に深みを出すためにピーナッツロースト等を入れて味を作っていきました。具材感を再現するために、具材それぞれの特性を考えながらどの具材をどこまで大きくできるか、また量はどれだけ入れられるか試行錯誤し、一方で、小袋へ充填する際にシール部へのかみ込みを起こさないように液の性状調整を何度も行いました。そして製造段階においては、テスト製造時に具材が実際にかみ込みを起こさないか念入りにチェックを行い、本製造へと挑みました。

結果

味の再現性とインパクトの大きさ

出来上がった製品の味がお客様のイメージするものとピッタリと合っていたこと、小袋でも具材がたっぷりでインパクトが大きかったことで、お客様から高い評価をいただき採用していただくことが出来ました。これがきっかけとなり、このお客様とは今も良いお付き合いをさせていただいております。

生産技術のページへ

こんなお客様からのお問い合わせをお待ちしております。

  • 他社との差別化
    を図りたいお客様

  • オリジナルの調味料
    をつくりたいとお考えのお客様

  • さまざまな容器・形態含め、
    新しいジャンルに挑戦
    したいお客様

  • こだわりの原料を使って
    商品をつくりたいお客様

  • オリジナルブランドの商品
    をつくりたいお客様

下記よりお気軽にお問い合わせください